la mode europeénne sélectionné pour vous

LUXURY CASHMERE

12/09/2017


いよいよ本格的な冬へ...
アウターやマフラー等のアクセサリーなど「装いの愉しみ」が増す時期ですが、これからはやはり「防寒」がキーワードになってきますね。
そうカシミアの季節到来です!

素晴らしい肌触りや着心地、そして抜群の保温性に恵まれ、「最もラグジュアリーな獣毛」の一つとして知られるカシミア。英国で最も高い格式を誇る名門メーカー、JOHNSTONS OF ELGIN(ジョンストンズ オブ エルガン)のカシミアコレクションを紹介させていただきます。




スコットランド北西部のアバディーン近郊にある工場を、今年の7月に訪れた際の1枚。
創業200年を越える同社は、なんと「英国で初めてカシミア原毛を使い生地を織った」企業でもあります。
「素材へのこだわりの高さ」は言うまでもなく、主にモンゴルなどの産地からクオリティーの高い繊維のみを取り寄せているそうです。




そして生地になったのがこちら!
ネップの入ったツイード調のものから、オーセンティックなチェックまで。
クオリティーの高さはこの小さいスワッチからでも分かりますよね...そして、着ると最高に暖かいんです!




ジェントルマン(レディーも!)一着は持っていたいカシミアコート♪
近年キャメルカラーが注目されていますが、できる大人は素材の違いで魅せたいところです。

とっておきのジャケットやコートに... まずは店頭で実際の生地に触れてみてください!
その素晴らしい質感にはきっと驚かれるはずです♪

FLANNELS

12/02/2017



「冷夏」や「暖冬」という言葉に近年は慣れてしまいましたが、今年の秋(冬)は早くから冷え込むようになりましたね!
この業界にいてよく思うのは「ファッションのシーズンレス化」です。
春夏でも、秋冬でも「3シーズン」がキーワードとなり、少しでも長く着用できる生地が好まれる傾向になっています。

でも、ちょっと待ってください!
特に寒い冬は薄い生地のスーツを暖かいインナーやアウターでごまかさず、この季節ならではの素材で一味違う装いを楽しみませんか?

今回は古今東西でダンディー達に愛されてきたフランネル素材の中でも気骨のある純英国製、そして今季リニューアルされたばかりのコレクション HARRISONS(ハリソンズ)のWORSTED & WOOLLEN FLANNELS(ウーステッド&ウールンフランネルズ)をご紹介させていただきます。




まずは340gmsと通常の秋冬スーツ地のウェイトに近い、ウーステッドフランネル!
「ウーステッド」とは原毛・紡績の種類・手法を表し、一般的なスーツ生地と同じく梳かれた長い原毛から糸を作ります。
程よい起毛感で、フランネルとしては少し長く着用できます。
大柄でもベースカラーに馴染んだデザインが新鮮な新色柄!




「プリンス オブ ウェールズ」と呼ばれる伝統柄も、フランネルの優しい質感により着こなし易い印象です。




「フランネルならやっぱ紡毛でしょ??」という通な貴方には、420gmsのウールンフランネルを!
ウールンとは「梳く」ことができない短く太い繊維をカーディングという工程で糸にし、生地の仕上げもより深く起毛します。(いわゆる「毛布」に近いイメージかも知れません)
着用できる期間は少し限られますが、男らしさを際立たしてくれ冬でも暖かいまさにこれからのシーズンに最適な生地です!

お好みに合わせて上記2種類のフランネルをチョイス可能。
これからどんどん寒くなってきますので、これからのオーダーでも十分間に合いますよ!!