la mode europeénne sélectionné pour vous

NYC HUNTSMAN -Ⅰ-

5/25/2018

先週から一昨日まで2度目のアメリカ出張に行って参りました✈
昨年の9月は(事情があり)1日で帰ってきてしまい殆どの予定がキャンセルされてしまったので、念願のリベンジです✨

週間天気予報ではずっと雨の予想だったのですが、到着翌日も天気がもっていたので朝は早速セントラルパークへ!




流石ランナーの聖地だけあって、走っていて本当に気持ちがいい場所です(^^)
一人で犬を何頭も連れている人がいて、初めは「お~っ」と思っていましたがどうも「散歩バイト」の方々みたいでした💦



幾つかある池の一つからの眺め。
NYっぽくて気に入りました♪



シャワーを浴びたらスーツに着替えて仕事へ。
考えてみるとNYをスーツで歩くのは初めてで嬉しかったり✨

さて、1軒目に訪問したのは、サヴィル・ロウ11番地の名門テーラー HUNTSMAN(ハンツマン)が昨年オープンさせた支店となるサロン。数あるサヴィル・ロウテーラーの中でも、NYに支店を持つのはHUNTSMANだけなのです!



とある方(誰かは次回のお楽しみに!)の旧居だったという57 St.の高級アパート。
廊下からして素敵です♪



モダンなカッティングルーム!
この日は(出張のため)一人でしたが、通常は3名のカッターが常駐しているとのこと。
もはや本店と変わらない規模ですが、裁断までは全てこちらで行い縫製のみ本店へ送るスタイルなので必要だそう。
なんと1年で全体の3割を超える着数をこちらの支店で販売しているとのことです💦
(そしてカッターも近々に更に2名増員予定)






こちらはディレクターのエドワード・トゥルコ氏。
以前はイタリアのラグジュアリーブランドで、スミズーラ販売の責任者をされていたそう。
カッティングはされないそうですが、縁あって手に入れたこちらの100年以上前のシアース(裁断鋏)はとても大切にされており現場でも使わせているとのこと...




裁断が終わり、ちょうどロンドンへ送られようとしていた生地3着は、どれもHARRISONSのものでした♪

【次回に続く】




TRAVEL GEAR

5/17/2018


実は本日から海外出張で、午前中オフィスで仕事をして午後には成田に向かいます。
数年前にビジネスマン向けファッション誌で私の「出張スタイル」を取り上げていただいたことがあるのですが、海外渡航で最も大切な「パスポートとお金(含クレジットカード)」を持ち歩くのにお世話になっているのがこちらの“トラベルウォレット”です♪






紙幣・コインから、パスポート、チケットまで入れる場所が区切られているので大変便利✨
何ヶ国かのお金をキープするのに十分な容量があります。
長さが25㎝近くあるので、現地ではセーフティボックスに入れておきます。


ちなみにブランドは英国の“スマイソン”。このウォレットはもう10年以上お世話になっています。








今回の出張は、昨年に続き2度目となるアメリカ✈
普段持ち歩いている英国の免許は(多分)使えない筈ですが、前回NYでお酒を買う時に年齢証明を求められ活躍したので、今回も財布に入れておきます。笑

GENTLEMEN'S LOUNGE

5/11/2018


コストパフォーマンスと信頼性の高さで知られるEMPIRE MILLS(エンパイア・ミルズ)と、通好みの生地を多くプロデュースしてきた名門ミル EDWIN WOODHOUSE(エドウィン・ウッドハウス)。
2つの英国ブランドの生地が編集されたこちらのバンチ、"GENTLEMEN'S LOUNGE(ジェントルメンズ ラウンジ)"のご紹介です!



まずはEMPIRE MILLSのウールトロピカル!
「ハイラスターフィニッシュ」と呼ばれる高級フィニッシュがかけられ、サラリとした心地よい手触りが特徴のこちらの生地。250gmsというウェイトで、春先から秋口まで長く着用可能です♪



そして、EDWIN WOODHOUSEのSUMMER COMFORT(サマーコンフォート)!
強撚糸をざっくりと織り上げた、とにかく通気性と防シワ性に優れた同社の名作生地です。
「暑がり」の方や、「盛夏でもスーツを着る」方にぜひトライしていただきたいと思います✨






こちらはSUMMER COMFORTのヘビー版。いや!、実はこちらが元となったAIR WOOL(エア・ウール)の復刻版のORIGINAL AIR WOOL(オリジナル・エア・ウール)です♪
290gmsとしっかりとしたボディーならではの仕立て映えに、今も多くのファンを持ちます。
「防汚・撥水効果」のスペシャルフィニッシュが進化の証!



「夏の高級スーツ」といえばやはりモヘア混!
300gmsオーバー(335gms)で28%モヘアの入ったこちらの生地は、まさにオーダーならではの「漢の一着」に最適です。
暑い夏でも「凛とした大人の色気」を醸し出します✨


近年200gmsを切るような軽量生地が出てきていますが、とかく汗や頻繁な着脱でストレスがかかりやすい夏のスーツでは耐久性も気になりますね。その点、英国の生地は(ビスポークスーツ制作での)アイロンワークに耐えうる強度が基本となっているので、安心感があります。


夏に向けた1着がまだの皆さま、要チェックのバンチです!!

ARISTON SS2018 -Ⅱ-

5/02/2018


引き続きARISTON(アリストン)SS2018コレクションのご紹介です♪
とにかく素敵な生地のオンパレードなのでセレクトに迷いますが、シーズナブルブック"LINI E COTTONI(リニ エ コットー二)"にはやはりARISTONがお勧めする生地が紹介されているようで...






"EVER GREEN(エバーグリーン)"シリーズに編集されているP108クオリティーは、なんとS130'Sの高級ウール100%!
こんな大胆なデザインはさすがナポリですね✨






"DYNAMIC & LIGHT(ダイナミック&ライト)"には、ストレッチ性を持たせた生地やサマートロピカル(薄い平織り生地)など夏に威力を発揮する機能性ファブリックの数々が編集されています!






こちらは"CASUAL CHIC(カジュアルシック)"ラインのジャケット地。
「クールビズ」のニッポンでも、こんな洒落た柄のジャケットを着こなすビジネスマンはリスペクトされる事間違いありません!!




"SILK ROAD(シルクロード)"とネーミングされたコレクションには、その名の通り8つのシルク混クオリティーが編集されています。「3シーズン」偏重の今だからこそ、季節ならではのラグジュアリー素材を愉しめる大人でありたいですね...


皆さま、夏の準備は出来ていますか!!??



ARISTON SS2018 -Ⅰ-

4/30/2018




いよいよGWですね!

これで一年の1/3が終わると思うと、時の流れの早さを実感します💦
しかし!、ここはもう近くまで来ているSUMMERに向けた準備を楽しみたいですよね♪


やはり外せないのはこちら、「ナポリの雄」ARISTON(アリストン)です!











秋冬シーズンもファッション性の高い生地の数々で愉しませてくれますが、ナポリと言えばやはり夏!!
"LINI E COTTONI(リニ エ コットー二)"の名称で展開されるシーズナルブックでは、ARISTONの世界観が炸裂しています✨ 
今シーズンは、まず各バンチからセレクトされたお勧め生地で作ったスーツ、ジャケットを、実際にモデルがナポリの美しい背景をバックに着用する写真集でスタート。12ものシーンが編集されており、ARISTONの力の入れ方を感じます...




 






そして、従来からの"SPECIAL SELECTION"では、テーマ別に特別企画された生地が実際に仕立て上がったジャケットやスーツの写真と一緒に紹介されています。
ナポリの街並みや海をバックにしていると本当に恰好いいですが、勿論TOKYOなどでのタウンユースでも一味違うイタリアンな色気を醸し出すこと間違いありません!!
(ちなみに、人気イラストレーター ソリマチアキラさんにお描きいただいた弊社WS(ウェブサイト)トップページのイラストは、ナポリの卵城(Castel dell'Ovo)に渡る桟橋が舞台になっています♪)






ちなみに一番上の写真に写っているディナースーツ(タキシード)の生地は、"EVENTS"バンチに編集されているこちら。日本でもオーダースーツを愉しまれる方がかなり増えてきていますが、こんなスペシャルな生地でオリジナリティを表現されては如何でしょうか!?


次回も引き続きARISTONのおススメ生地はご紹介させていただきます!










SARTORIA ITALIANA TALK EVENT

4/21/2018





イタリアの高級ビスポークスーツが生まれる現場を徹底取材し、イタリアン・テーラリングを支える新旧の名店27店を紹介する圧巻の一冊。先月発売されて以来、業界内外で注目を集めているこちらのビジュアルブック SARTORIA ITALIANA(サルトリア イタリアーナ)。






銀座蔦屋書店でのトークショー、代官山蔦屋書店での出版記念パーティーに引き続き、昨日は弊社(東京本社)でも著者 長谷川喜美さんのトークショーを開催していただきました!
出版記念パーティーの模様はこちら から






ちょうど開催中だったSS2019ファブリック展終了後ということもあり、弊社お取引先様中心の多くの皆様にお集りいただきました。会場は満員!
イタリアのテーラー事情の他、服地に関するお話など業界のプロの方に向けた大変興味深いトピックスの数々に、ご来場の皆様は興味深々♪






ークショー終了後は即売サイン会&懇親会。
開始直後から長い列ができ、皆様長谷川さんとお話も交えながら愉しい時間になりました。
冷えたシャンパンをたくさんご用意しましたが、この時期は一層美味しいですよね!


来週はなんと弊社大阪営業所での展示会終了後にトークショーをしていただけることになっているのですが、東京を更に上回る多くのご来場のため、急きょ会場を変更したそうです💦
長谷川様、昨日は誠にありがとうございました&来週もどうぞ宜しくお願いいたします!

ON THE ROW

4/13/2018


出張の話題も今回で最後となります。
"BTBA FESTIVAL DINNER"の翌日は「聖地」サヴィル・ロウへ。
1番地のGIEVES & HAWKES(ギーブス&ホークス)は長らく改修で足場が掛かっていましたが、終わったようで綺麗になっていました♪






映画「KINGSMAN(キングスマン)」のロケ地としても知られる11番地のHUNTUMAN(ハンツマン)。
続編の撮影からも随分経っていますが、今もKINGSMANの看板が裏側に残っています✨
実は、同じく映画(続編の「KINGSMAN ゴールデンサークル」)の舞台となったセントジェームスストリートのBERRY BROTHERS & RUDD(ベリーブラザーズ&ラッド=王室御用達で界最古のワイン商)の横で、実際に登場するKINGSMANの新店(サヴィル・ロウの旧店舗は悪の組織が爆破💦)では今もグッズのポップアップショップが営業しています。あいにくそちらは朝のジョギングの時に通り、まだ開店していませんでした😢




用事があったので、15番地のHENRY POOLE(ヘンリープール)へ!
サヴィル・ロウの始祖として知られる名門中の名門です。




3月30日から日本でも公開が始まった「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男(原題:DARKEST HOUR)」はアカデミー賞2冠に輝くなど世界的に評価を受けていますが、主人公が纏う衣装はこちらHENRY POOLEが担当。そう、ウィンストン・チャーチルは、HENRY POOLEのビスポークスーツを愛した顧客の一人として有名です!





撮影で使われた実物のスーツと、そのシーンの写真が展示されていました!
ちなみに写真のみのものが一つありましたが、スーツは主演のゲイリー・オールドマンさんが凄く気に入ってしまい、プレゼントしたそうです♪

私はまだ映画を見ていませんが、せっかくだから映画館でみたいです!





その後に、サヴィル・ロウからほど近いサックヴィル・ストリートにあるこちらのショップ兼オフィスへ。
ファッション業界人や感度の高い人々から注目を集める、「知る人ぞ知る」こちらのアツいブランド。
次シーズンからの取り組みが実現しそうなので、また改めてご紹介させていただきます♪