la mode europeénne sélectionné pour vous

LONDON WEEKEND

2/13/2017


先週から出張中で昨日ロンドン入りました。
数年間住んでいた街でもあり、やっぱりリラックスできます♪




 
今日は友人とSOHOで中華ランチをした後、「ロンドンで最古」のワインバーに連れて行ってもらいました。




その後は、テムズ河対岸のROYAL FESTIVAL HALLでクラシックのコンサートに🎶
束の間の休日をしっかり満喫させてもらいました!

MYSTIQUE

2/06/2017


明日からの出張の準備でバタバタしているなか、今日も新バンチが入荷してきました♪
ご存じ、英国を代表する名門マーチャント HARRISONS(ハリソンズ)から、リニューアルした人気コレクション“MYSTIQUE(ミスティーク)”の登場です!




「ビジネスマンが春~夏に着用できる、汎用性の高いクオリティー」として、長年愛されてきたMYSTIQUEは凛としたした仕立て映えの良さも人気の理由の一つ。
通気性に富んだテクスチャーながら、触れていただくとその抜群のハリ感に驚かれると思います。

英国伝統柄の一つ「ピンヘッド」は、無地感覚で着れる飽きのこないデザインが魅力。今回は明るいブルーが編集されていて新鮮です♪




ストライプなどの伝統柄は今回も充実していますので割愛させていただいて(笑)、「モダンクラシック」の雄であるHARRISONSらしい生地をご紹介させていただきます。
パープルの千鳥格子なんて滅多に見ないですよね!?




グレンチェックもこんな捻りの効いた色使い!
今回のコレクションはかなり遊び心が溢れています。

春夏シーズン向けの傑作服地、MYSTIQUEの新バンチは要チェックです!

WORSTED CHECKS

2/05/2017


1772年創業という輝かしい歴史を持つ名門ミル FOX BROTHERS(フォックスブラザーズ)は、「英国フランネルの代名詞」としてテキスタイル界で確固たる地位を確立しています。
弊社が一昨年取扱いを始めてからお陰様で販売は好調で、ファッション誌などで取り上げられる機会も増えたので一般の方にも知名度が上がって来ている気がします。

さて、通常バンチ展開されているコレクションはカバーがブラックなのですが、ネイビーのものもあるのはご存じですか?
昨年日本で展開が始まったWORSTED(ウーステッド)コレクション以来、主に春夏向けの平織り生地のレンジがネイビーのバンチに編集されることになりました。
今回ご紹介するのは、この「ネイビーライン」の第2弾WORSTED CHECKS(ウーステッドチェックス)です!




クオリティーは180-240gmsの平織りライトウェイトで、本国では「サマートロピカル」とも呼ばれるもの。コレクション名からもお分かりいただけるように、編集されている34色柄が「チェック柄」という異色のコレクションなのです。
スーツ、ジャケット、単品パンツなど様々な用途に対応可能で、ウィンドーペン系、グレンチェック系などバラエティーに富んでいて見ていて飽きません!




こちらはインドのマドラスチェックからインスピレーションを得たと思われる鮮やかなデザイン。
こんな綺麗なカラーなら、暑い夏の装いも少しは愉しくなるかな!?

四季の移り変わりは本当によくできたもので、秋冬を十分に堪能した後は光と緑のシーズンが待ち遠しくなってしまいますね♪

FINMERESCO

1/28/2017


あいにく今季は全体的に新バンチの上がりが遅いのですが、遂に一冊目が入荷♪しかも弊社で初展開の新しいコレクションになります!
ロンドンのゴールデンスクエア(服地卸商が集まっていたことで知られるウェストエンドの広場)発祥の名門マーチャント SMITH WOOLLENS(スミス ウールンズ)から、「トラベルスーティングの決定版」として英国で高い評価を得てきたコレクション“FINMERESCO(フィンメレスコ)”の登場です。




4PLY、3PLY、HIGH TWISTなど4つのスーツ地に加え、オリジナリティー溢れるジャケット地まで全てウール100%で構成。抜群のハリ・コシ、着心地の良さなどウールの持つ優れた特性をフルに活かし、糸の撚り、打ち込みの強弱でそれぞれの生地に異なるキャラクターを与えています。
「メンテナンスの容易さ」、「シワのなりにくさ」など春夏シーズンのビジネストリップに求められる条件を全ての生地が満たしており、ウェイトの違いで好みや現地の気温などに合わせてチョイスすることができます。
「世界で活躍するビジネスマン」をイメージした専用ネームタグも格好いいですよね♪




それぞれ魅力的ですが、私が特におススメしたいスーツ地はこの3PLY!
その名の通り、3本撚りの糸を縦横に使用しており、ウェイトは280/310gms。
日本でも春から秋まで引っ張れるくらいので着用期間の長さが魅力で、勿論着心地、仕立て映えもバッチリです。




暖かいシーズンはやはりジャケットが活躍しますよね!?
出張に持っていく1着に最適なのがこちら、MOCK LENO(モックレノ)。
ウール100%とは思えない位ドライで、クリスピーなタッチにはどなたも驚かれる筈。
「旅先でもよれよれのジャケットは着れない」ビジネスマンの皆さまに、ぜひお薦めしたいSMITH WOOLWNSが誇るマスターピースの一つです。

もうバンチの展開が始まっていますので、ぜひ実際に触れて、ご覧下さい!

#バンチは限定展開。 後日リリースされるブックレット形式“THE ALBUM VOL.5”にも一部編集されています。

TOTTORI

1/22/2017


よくお会いする方に「いつも海外に行かれてますね!?」と仰っていただくのですが、実は海外出張は通常年2回(多くて3回)。場所もヨーロッパの数ヵ国に限られます。
商売上ご縁のないアメリカなどは未だに行ったことがありません。勿論ハワイも!涙

前置きが長くなりましたが、国内でもなかなかご縁が無い場所も多いなか、先週初めて鳥取県を訪れてきました。目的はお取引先の縫製工場の見学です!




こちらの工場では百貨店向けを中心にオーダースーツを生産しており、その数はなんと日産1,000着!日本のオーダースーツの約4着に1着を生み出しているといわれる大手メーカーさんです。
レーザー裁断機で個別のサイズパターンに裁断された生地はコンベア式のハンガーに掛けられ、なんと出来上がるまで全ての工程を自動で運ばれていきます。




やはりここは日本。効率とコストパフォーマンスも勿論追及されていますが、かけるべきところにはしっかりと手間と時間をかけ品質の保持には最高のプライオリティーが置かれています。
こちらの工場さんの安定したクオリティーには業界でも定評があり、各工程での何重ものチェックを見てなるほどと感心しました…




翌日は関連工場2社にもお邪魔する駆け足の旅のなか、一瞬だけ名所にも立ち寄ることができました。そう、鳥取砂丘です!
写真では分かりませんが、強風とみぞれで立っているのがやっと。汗
実はこの時すでに「暴風雪警報」が発令されており、スーツ姿が珍しかったのか東京のテレビ局クルーからインタビューされました。この時はお互いまだ夜の同じフライトがキャンセルされることになるとは知る由もなく…
(空港でこの後お会いした時に、「さっきはありがとうございました!あいにくあの後更に荒れてそっちの映像になってしまいました」とのことでした。笑)

この日は急遽もう一泊することになり、同行の皆さまと打ち上げで盛り上がってきました。笑

ARRIVING

1/14/2017


今季はサンプル(バンチ)の出来上がりが全般的に遅く申し訳ありませんが、ちょうどまだ寒いのでもう少しSSシーズンの一着のイメージを膨らませていただけましたら幸いです!苦笑
冬物のご注文もまだいただいているなか、SS2017シーズンの新しい反物も続々入荷していて社内はパンパンです。





そして今週は、ようやく主要ブランドのAW2017シーズン向け発注が終了しました。
時間をかけセレクトしたので、今回も内容には自信があります♪
まだ先になりますが、SS2017の新コレクション同様ぜひお楽しみに!

HAPPY NEW YEAR!

1/05/2017


新年明けましておめでとうございます!
弊社は本日が平成29年の始業日になります。
今年もこの雑記帳にお付き合いいただきますよう、何とぞ宜しくお願い申し上げます。




皆様は年末年始、どんなお休みを過ごされましたでしょうか?
我が家では一昨年から子供達がハマっているスキーに行ってきました。
時間の都合で大晦日の日帰りでしたが、子供の頃スキー大好きだった私もしっかり楽しんできました。
この何回かで子供達もそこそこ滑れるようになったので、親子で一緒に滑れて嬉しかったり♪





さて、元旦付けでNEW COLLECTION欄が更新され、SS2017シーズンのラインナップ概要がご覧いただけるようになりました。(NEW COLLECTIONはこちらから)
今季は全体的に新バンチのデリバリーが遅く申し訳ない限りですが、その分内容は濃くなっております!ので内容をチェックのうえ暫しお待ち下さいませ。